仏教ではお釈迦様の誕生日を祝う行事があり、国内各地の寺院で催されています。

あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?

注目度がUPしているキーワード、ここを一度覗いて下さい

    灌仏会とは

    お釈迦様が生誕したとされる日は四月八日とされていますが、これは正しいものかは明らかになっていません。ですが、この四月八日をお釈迦様の誕生の日と定め、その誕生を祝う行事が「灌仏会(かんぶつえ)」です。国内ではこの灌仏会のイベントは例年四月八日に行われています。
    この灌仏会では「灌仏会法要」が行われています。灌仏会法要では、花見堂と呼ばれる飾り物を作り、その中にある桶に甘茶を入れます。そして誕生仏の像が中央に置かれており、その像に甘茶をかけます。甘茶はお釈迦様誕生の際の水を模しています。この誕生仏の像は、右手が天を指し、左手が地を指しており、天上天下唯我独尊を唱えた像です。そして、甘茶の振る舞いの他に、舞踏や合唱、稚児行列などのイベントが行われています。
    この灌仏会法要では、甘茶が振る舞われ、さらにこの甘茶を使用して習字を行えば習字が上達されると言われています。この灌仏会は国内では一般的に「花まつり」と呼ばれるイベントとして行われています。

    注目の話題はココをチェック!参考リンク集

    Copyright (C)2017あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?.All rights reserved.