国内の行事の多くは年齢に関係しており、それまでの感謝と今後の祈願を行います。

あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?

注目度がUPしているキーワード、ここを一度覗いて下さい

    十三詣りについて

    国内では、達した年齢に対して厄払いや、ならんかの恩恵を受けるためのイベントが多く存在します。その中で、子どもが産まれてからはじめて、産まれた年の干支を迎える年度に行われるイベントがあります。それが「十三詣り」です。
    十三詣りとは、数え年で十三歳を迎えた子どもが四月十三日に神社仏閣にお詣りする儀式です。
    十三詣りでは、子どもが「智」や「美」といった文字を子ども自身が書いたものを奉納します。こうして智慧や福徳などを虚空菩薩(こくうぼさつ)より授かることとなる儀式です。この十三詣りでは子どもの、こうした智慧や心身に関連することを祈願するとされています。ちなみに、子どもの無病息災などの健康向上や成長を祈願する行事は七五三詣りです。
    十三詣りは、もともと関東地方で続いていた風習でしたが、現在は全国的なものとなっています。関西地方では京都市嵯峨にある法輪寺で行われる十三詣りが油見です。この法輪の虚空菩薩は「嵯峨の虚空菩薩さん」として有名です。また、十三詣りでは、儀式を終えた後、帰る道中に振り返ると、せっかくさずかったものを返してしまうことになります。

    注目の話題はココをチェック!参考リンク集

      Copyright (C)2017あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?.All rights reserved.