七五三詣りにはさまざまな言われや考え方が基となって現在の形になりました。

あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?

注目度がUPしているキーワード、ここを一度覗いて下さい

    七五三詣り

    子どもの成長に関連する大きなイベントとして有名なのはやはり「七五三詣り」ではないでしょうか。この七五三詣りでは、男児の場合は三歳と五歳、女児の場合は三歳と七歳に行う行事です。
    七五三詣りで詣る場所は、神社や寺院などです。昔は数え年を基準にお詣りをしていましたが、現在は満年齢を基にしている場合が多いです。満年齢で条件の年齢に満たす年度の十一月十五日に行います。
    そもそも旧暦の十五日とは、鬼などが出歩かない日とされており、鬼の居ぬ間に行事や儀式を行うことが吉とされていた日です。この日に七五三詣りを行い、子どもの現在までの成長への感謝と、今後の無病息災を祈願します。
    また、この七五三という考え方には、「七歳までは神のうち」という捉え方が基となっています。子どもの中でも特に知的障害をもつ子どもを、いわゆる間引くための期間を七歳までとされていました。この七歳という年齢までは、子どもはあの世とこの世の境目にいるとされていたためです。そのため、神様のもとへいつでも帰ることができる存在として扱われていました。

    注目の話題はココをチェック!参考リンク集

      Copyright (C)2017あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?.All rights reserved.