女児のための祭であるひな祭りが持つ意味はどのようなものでしょうか。

あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?

注目度がUPしているキーワード、ここを一度覗いて下さい

    ひな祭りについて

    女児の健やかな成長を祈願するために行われるイベントが「ひな祭り」です。このひな祭りが行われるのは、例年の三月三日です。また、この季節は桃の咲き誇る時期であるため「桃の節句」とも呼ばれています。そして桃の花とは、厄よけの力が備わっているとされています。
    他に、この三月三日のことを「上巳(じょうし/じょうみ)」とも呼びます。
    ひな祭りの日を迎えるにあたり、ひな人形を飾ります。このひな人形を飾る理由は、災いが起きた際に、子どもの身代わりとなってもらうという意味合いがあります。そのため、ひな人形は、嫁方の親から贈るものとされています。このひな人形の由来は、室町時代にさかのぼります。人を模した紙で女児の身体をなでることによって、穢れをその紙に移して川に流すことで無病息災を祈願するという「流し雛」という風習と、人形遊びが結びついて人形を飾るようになりました。
    そしてひな祭りでの供え物にはさまざまな意味が込められています。「お白酒」は、身体から邪気を追い払うため、「草餅」は使用されているよもぎの葉の香りによって邪気を祓うとされており、また、菱餅(ひしもち)は、人の心臓象っていることによって子どもの健康を祈るものとされています。

    注目の話題はココをチェック!参考リンク集

    Copyright (C)2017あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?.All rights reserved.