祭日であるこどもの日はどのような由来を持って現在のようになったのでしょうか。

あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?

注目度がUPしているキーワード、ここを一度覗いて下さい

    端午の節句とは

    三月三日が女児の健康を祈願するひな祭りのイベントで、男児の健康を祈願するためのイベントが「こどもの日」です。このこどもの日とは、例年の五月五日の「端午の節句」の日です。五月五日は節句ですから、季節の変わる前日です。その日を「立夏」とも呼びます。
    端午の節句では、「鯉のぼり」をあげることで、鯉のようにたくましく成長するようにという願いが込められています。
    また、鯉のぼり以外にも鎧兜などを飾る習慣がありますが、これは元来、武士家において行われていました。祈願の意味は同じく男児の健やかな成長です。ですが、こうした鎧兜を庶民は用意することができなかったため、鯉のぼりをあげるという形になって広まりました。
    また、この端午の節句の日にはちまきや柏餅を食べる習慣があります。ちまきを食べる習慣の由来は、亡がらを魚が食べないように替わりにちまきを餌にしたこととされています。そして柏餅は、柏は新芽が生えるまで葉が落ちないところから家系が途絶えないという縁起をかついでいます。

    注目の話題はココをチェック!参考リンク集

    Copyright (C)2017あなたは行事やイベントの意味をご存知ですか?.All rights reserved.